2019年5月9日木曜日

(訓練です) 集団下校訓練があります

日頃より本校の教育活動にご協力いただきありがとうございます。
 
学校よりお手紙(4月18日配布)でお知らせいたしました通り、
本日集団下校訓練を行います。
 
安全を確認しながら、地区班で集まって下校します。
15:10頃に学校を出発します。
 
可能な限り、下校時の児童の安全の見守りを、お願いいたします。
訓練後、何かお気づきの点がありましたら、
ぜひ連絡帳等でお知らせください。
よろしくお願いいたします。
           学校長 藤原栄子
 
 
 

2019年5月1日水曜日

1年生「き・こ・う」の学習(障がい理解教育)

1年生の教室で「障がい理解教育」の
始めの一歩「き こ う」の学習がありました。
今回担当したのは、本校の特別支援教育コーディネータです。
 
 
まず大切な自分自身のことを振り返ってみます。
得意なこともあれば、苦手なこともあります。
隣のお友達に、自分の得意なことや、
苦手なことなどをそっとお話してみました。
 
子供たちは隣のおともだちに、ドキドキしましたが、自分のことを話してみました。


そこで担当の教員が聞いてみます。
お隣のお友達と、得意なところや、苦手なところが
全部同じだった人はいますか?
 
同じだったグループは、なかったようです。
二人だけでも全く違うんですね。
 
 
教室や、学校の中にはいろいろな友達がいます。
先ずは自分以外のお友達のことを
感じてみようというところから始めます。
 
そしていずれは、友達の、よさや、素晴らしさに気付けたら素敵です。
 
さらに、友達のそれぞれの感じ方や、考え方、困り感などにも、
                           き  気付き
                           こ  声をかけ
                           う  動ける
ようになったら、さらにすばらしいと思います。
 

     
保護者会の各学年の冒頭にもお話させていただいた通り
本校は、けやき学級、こすもす教室、サポート教室(新設)と、
それぞれのお子さんに合った学びの場が、多様にある学校です。
色々なところで、それぞれの学び方を紹介しながら、交流しています。
 
自分に合った場所を選んではいますが、みんな得意なこともあれば、
苦手なこともある同じ七小の仲間です。
得意なことはもっと得意に、
苦手なことはちょっと今よりも頑張れるように
全校児童みんなが自分の目標に向かって
本当に真面目に努力しています。
そこが七小の子供たちのすばらしいところです。
 
中学年・高学年でも、この障がい理解教育を進めていきます。
また、このブログでご紹介して参ります。
 

働く消防写生会(2年生とけやき学級1~2年生)


 毎年、新学期のピカピカの2年生が、校庭に消防車と救急車と、そこで働く皆さんをお招きして、写生会を開いています。(4月23日 火曜日)

近くに消防署があり、本校はとても恵まれています。
それでも、消防車も救急車も、もし出動があった時は、
人命救助の出動を優先します。
そのために、車には運転する方が常に運転席に待機し、
救急車は予備の車を待機させて、緊急時に備えています。
そんな緊張感のある中で、写生会が始まりました。





救急車を描くか、消防車を描くかはそれぞれ自分で決めています。
モデルさんはちゃんと本物の消防士さんや救急隊員の方々が
小道具も用意してスタンバイしてくださいました。
 


 
校庭のハナミズキも、ずっと固い蕾のままでしたが
この日をめがけたように一斉に咲きだしました。
2年生の写生を見守ってくれているようです。
 
2年生の子供たちのこの集中力が、素晴らしかったです。

もちろん絵が苦手な子もいます。
でも、出来栄えはいいのです。
大きな救急車や消防車を、自分のちからで塗り込んで、
作品を仕上げた経験が、また一つ、2年生の自信となり、
明日からの学校生活の糧となります。
 
急に暑くなりました。この後の給食の冷たい牛乳は、最高においしかったです。

2019年4月23日火曜日

初めての給食そして地域の皆さんとの出会い

はじめての給食は手作りホットケーキでほっと!ホット!

4月17日(水)は,一年生の初めての給食でした。
本校の栄養士より、給食のお話があり、
担任からは、配ぜんや片付けのルールの説明がりました。
いっぺんにいろいろなことがありすぎて
初めてのことばかり・・・・・!
でも、一所懸命聞いていて、
給食をたのしみにしているようすが伝わってきました。



 
食べることを楽しめることがいちばんです。
 
みんなで楽しく食事をする雰囲気を大切に!
味わいを感じる舌のセンサーを開発するためにも
苦手な食べ物も少しずつ 少しずつ!
 
4月23日(火曜日)の給食 本日のメニューは、
厚揚げと筍の煮込み・ピリ辛きゅうり・春雨スープ

4月23日(火曜日)のお楽しみ給食(今日は6年生)




 

食べたもので作られている自分の体のことも学びながら、
作っていただいたことへの感謝の気持ちも育てながら、
少しずつ少しずつ七小の給食のフアンを増やす
楽しい取り組みを続けてまいります。
 
 

地域での見守りボランティアの皆さんの紹介集会から

雨の日も、風の日も、雪の日も、
そして猛暑の夏も、毎日毎日
ご自分の大切な時間を、七小の子供たちのために
見守りボランティアとして、使ってくださっている皆さんです。
 
今日集会で、「できるだけお名前を覚えて、
お会いしたら挨拶ができるようにしよう」と、子供たちに
呼びかけました。
 



ボランティアの皆さんからは
「挨拶をかわせると、とてもうれしい気持ちになります。!」
「車や自転車等危ないので、安全には十分気を付けて!」
「通学路での友達とのトラブルを見て止めました。
友達には絶対にやさしくね!」
と、温かいお言葉をいただきました。
子供たちの挨拶が響き、
大人の人たちもみんな元気にあいさつを交わせる
 
そんな街になるよう、七小の子供たちから発信していきます。
 
 

2019年4月15日月曜日

はじめの一歩!!



新学期が始まり一週間。
七小の子供たちは、新しい学年での新しい生活に
期待をいっぱいに頑張っています。



ピカピカの1年生の教室です。手の上げ方もピカピカ!!です。



ピカピカの3年生は屋上に初めて上りました。
社会の学習が始まり、視野を広げています。



一年生を迎える会(4月15日1校時)

ピカピカの6年生が一年生と手をつないで入場です。

花のアーチは5年生が担当しています。





心配そうに、そして応援の気持ちを一杯に、優しく見守る2年生も素敵でした。

 
全校児童から1年生へ、歌のプレゼント

♬いつだって♬     (作詞:作曲 若松 歓)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・(前略)
ぼくらいつだって みんな友達さ
この地球に生まれ そして 出会えたから
そうさ どこまでも 夢をえがきながら
歩き続けるんだ 明日へと 未来へと
・・・・・・・・・・・

学校生活これからいろいろなことがあると思います。
でもここで出会えた472名の七小児童、
夢を描きながら
みんなで未来に向かって歩き続けていきましょう!

どんなに元気なお子さんでも、環境の変化にはエネルギーを使います。

そろそろ疲れも出てくる頃。ご家庭ではどうぞゆっくり、

ビタミン愛の注入をお願いいたします。

2019年4月5日金曜日

欅も桜もみんなと会えるのを待ってます!

校庭のけやきの木も桜の木も進級した児童の皆さんに合えるのを楽しみにしています!



今日は六年生の登校日 体育館のお掃除から、新一年生の教室の準備、入学式の準備等々
たくさん働いてくれました。自分から仕事を見つけて働くピカピカの6年生!「素晴らしい!」と
たくさんの教職員から絶賛されました。最高学年の自覚に満ちた姿に、拍手!





明日の始業式には、みんな元気で登校できますように。
欅の木や、桜の木と一緒に、みんなの登校を首を長ーくして待っています。

2019年3月18日月曜日

図書ボラ活動 「ザ・ラスト!」

 
本日、今年度最後の図書ボランティア活動でした。
 4月の掲示物を作成していただきました。
 

かわいらしいテントウムシやシロツメクサ、
四葉のクローバーも探してください。
 

 

 1年間、季節の彩りを感じる様々な掲示や、
図書整備等にたくさんのご協力をいただき、
本当にありがとうございました。
 
 

 

 

そして、また来年度も、どうぞよろしくお願い致します!

2019年3月15日金曜日

有終の美・遊・味

①有終の美   廊下に6年生の最後の図工の作品「輝け12歳のメダル!」が展示されています

それぞれの作品の下には、それぞれの6年生の子供たちが、
このメダルに込めた思いを綴っています。
きっといろいろなことを思い出しながら、この作品に向き合ったのだと思います。
一人一人がオンリーワンの輝きをもっている作品です。
ぜひご来校の際には、コメントと一緒にご覧になってください。



 

②有終の遊    3月7日、学童新設工事終了に伴って、校庭の一部を覆っていた囲いがすべて外されました。

ジャングルジム復活!(新品のジャングルジムを設置していただきました)
久しぶりのジャングルジムの感触を楽しみに、子供たちが殺到しました。
「懐かしい!!」「やったー!!」と歓声が響いていました。
ジャングルジムは、登ったり、ぶら下がったり、座ったり、想像力をいっぱい使って遊べる、子供の心と体の成長に大切な固定遊具です。これからも七小の子供たちのオアシスとして、校庭で子供たちを見守り続けてくれることと思います。


 ③有終の食  長野県飯山市の郷土料理「笹寿司」「いもなます」

3月12日の給食は友好都市協定を結んでいる長野県飯山市の郷土料理を取り入れたメニューでした。飯山市は「災害時、相互応援に関する協定書」を国分寺市と結んでいます。それをきっかけに、国分寺まつり に参加してくださったり、市立中学校が2年生時に、スキー教室でお世話になったりして、交流を深めさせていただいているところです。
 このの献立は、市内の栄養士が集まって、アレンジして、この企画が実現したとのこと。お子さん方から、是非この日の食レポを聞いてみてください。
 

2019年3月8日金曜日

6年生のよる「読み聞かせ」

 

3月7日(木)朝の時間

特設「6年生による読み聞かせ」

各学級に、6年生が分かれて読み聞かせをしました。
卒業を前に、在校生一人一人の心に残る取組を・・・・・
ということで、6年生のアイディアから実現しました。
 

 
この6年生グループがセレクトした絵本は、
エリック・カールさんの『パパ、お月さまとって!』です。



この絵本は、エリック・カールさんが実際に娘さんから
「パパ、お月様 取って!」と言われ、
それがきっかけで かきあげた絵本であることを
6年生が伝えていました。





 
読み聞かせ後、
この絵本をセレクトした理由を尋ねてみると・・・
「絵本の画面が、横に広~くなったり
縦にちょっとのびたり、広くのびたり・・・するのが
下級生たちにとって、おもしろいのではないかと考えたからです。」
とのことでした。
 
相手意識をもって、チームワークよく
最上級生らしい姿も、
下級生たちは学んでいました。